スペースウォーカーTOP情報紹介

友人医師に勧められたストレス低減法を1年間続けた様々な成果。

Written on 2016年11月22日   By   in 未分類

11
ほとんどの女性が経験している生理期間前後の様々な苦痛に、私はひどく悩まされていました。
ひどいイライラ、お腹の痛み、体のだるさなど、当たり前のことかもしれませんが、あまりにもひどく、学生時代の友人の女医さんに、相談してみました。
「月経前症候群」という言葉を聞きました。
その治療のための薬はなく、安定剤などを使うこともあるけれど、自分でコントロールすることが大切だと勧められたのが、「呼吸法」でした。
その方法は、1日5分でもいいから、ただ呼吸にだけ集中することです。
最近、「マインドフルネス」が、テレビで採り上げられることが多くなり、本もたくさん出てきました。
その「マインドフルネス」の中の一つである「呼吸法」が、一番取り組みやすいことを教えてもらいました。
「マインドフルネス」について、少し勉強してみました。
宗教的な意味は全くない、瞑想だと私は理解しました。
「今、この瞬間だけの気づき」を大切にすることが最も重要なことだと学びました。
だけど、これだけでは何のことか、どのようにすればいいのか分かりませんでした。
そこで、マインドフルネスのCDを購入して、取り組むことにしました。
ヨガや体の感覚に注意を向けるボディスキャン、様々な呼吸法があり、
私は、一日10分程度でできる「呼吸法」を毎日続けることにしました。
背筋を伸ばして座り、目を閉じて、10分間、
「吸って、吐いて、吸って、吐いて・・・」
と心の中で唱えながら、ひたすら呼吸だけに集中しなければなりません。
でも、何も考えない、何も頭に浮かべない、なんて無理です。
何の変化も感じられないし、もうやめようかな、と思って友人に相談すると、
「マインドフルネスの理解が、まだ出来ていないようだから、もうちょっと続けたら。」
と言われてから、1年が経ち、これはマインドフルネスの効果かもしれないと感じることが出てきました。
1年で5キロ体重が落ちました。
大人ニキビが治まりました。
姿勢が良くなって、体形が変わりました。
でも、月経前症候群のような症状の変化はあまり変わりませんでした。
一番の目的を叶えることは、まだ出来ていませんが、
これだけ外見が変化すると、楽しくなってきました。
マインドフルネスには、様々な効果があるそうです。
これからも毎日続けていこうと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です